良いプレゼンをしたいなら、良いリスナーになろう:インターンシップブログ


SSHP第5期。

予定していた全ての初回プレゼンが終わりました。

忙しいなか、会ったこともないチームメイトと遠隔で連絡しながら、よくここまで作り上げたというのが僕の感想です。

しかし研修生の多くは、緊張や事前調査の甘さから、満足のいくプレゼンが出来なかったと感じています。自分で思っていた以上に、上手くプレゼンできない。それが現実です。ぶち当たるまで分からないのが現実なので、それを感じて貰えてよかったと思います。

もちろん、みんなには満足の行くプレゼンが出来るようになって欲しいです。ただ、プレゼンは一日にして上達するものではありませんし、機会も限られています。

僕が研修生に、そしてこのブログを読んでくれている人におすすめしたいのは、良い話し手になる前に、優れた聴き手であることです。

日本人は、聞き手に回りがち

多国籍グループにおいて、どうしても日本人は口を閉ざしてしまいがちです。国民性という言葉で片付けてよいものかわかりませんが、僕の肌感覚では、この傾向は顕著です。ぶっちゃけ勇気を出して口を開けば、周りは聞いてくれます。ただ、これができない人もいる。

どうしてもできないならば、逆にその状況を利用しましょう。聴くことで自分の価値を高めることができます。

聴くとは、極めて能動的な行為

そんな受け身でいいのか、と思われるかもしれませんが、それは誤解です。漫然と人の話を聞いているだけでは、何も残りません。僕が意味するのは、傾聴です。傾聴とは、「聞こえている」ではなく、意志を持って相手を理解するために、意識を向ける行為です。

なぜ傾聴するのか?

正しく理解するため

人の指示、意見、意図を正確に汲み取るのは至難の業です。SSHPインターン生は、事前研修で、そして現地で、嫌というほど思い知ることになるのですが、大小あれど、みんな気持ちいいくらいに誤解してしまいます。なので、話し手を正しく理解することは、当たり前のようですが、とても大きな価値になります。

SSHP主催の高田です。先のエントリーでは曖昧な質問をいかに絞り込むか、というプロセスについて書きました。今回は指示されたタスクの目的を明らかにすることがいかに大切か、という話です。 実例から説明しようと思います。企業:サービスのオンラインマッチングを...

話し手の注意を惹きつけるため

社内プレゼンをするとします。参加者の役職はディレクターから一般社員まで、数人。プレゼンは全体に向けるべきですが、なかでも決定権を握る人(通常は最上役)に語りかけるべきです。しかし、ディレクターの注意が散漫になったとき、話し手はどうなるのか?自分の話を聞いてくれている聴き手を、無意識に選んで話をするようになります。

ベストな状況とは言えませんが、話し手の心情を考えると、これは当然のことです。無反応な壁に向かって話してもつまらない。

考え、コメントを練るため

状況にもよりますが、プレゼンターの意見、主張が100%納得、理解され、何の疑問のなくOKが出ることは稀です。もしオールOKが続くとしたら、それは出来レースです。社内プレゼンを聴くのは、情報を得るためだけではありません。話し手に対してフィードバックを与えるためでもあります。これをする気がないなら、プレゼンに参加するべきじゃないとすら思います。

傾聴するには?

聴く目的をハッキリさせる

自分なりに、このプレゼンを聴くことで何を得たいのかを確認します。これは、話し手と聴き手の関係性が大きく関わります。聴き手の立場がメンターであれば、フィードバックと助言をすること、インターン生であれば、社員の意志と自分の役割を確認すること、などなど。ここをハッキリさせておかないと、聞いてハイおしまい、ということになります。

姿勢を正す

話し手に向かって、「自分は傾聴している」という態度で望むと、自然と言葉が向かってきます。具体的にどうすればいいかというと:

  • 背もたれを使わず、気持ち前のめりに座る
  • 身体を話し手に向ける
  • 目線はスクリーンではなく、話し手に
  • 笑顔で、でも真剣な眼差しで
  • 理解したときには、大きく、ゆっくりと頷く

これらをテクニックだと思わないでください。本当に聴く気があれば、自然と上記の姿勢がとられます。ただし、全てを満たすには、プレゼンター側の努力も必要です。自信なさそうだったり、ストーリーフローがガタガタだと、聴き手も集中を持続させることは難しいですから。

途中質問をためらわない

プレゼンというと、話し手がAからZまで話し終わって、そこからQ&Aという流れを想像してしまうかもしれませんが、僕は必ずしもそれが正しいとは思いません。1対100のプレゼンならともかく、数人に対してであれば、なるべく双方向的であるほうが、活気が出ます。なんでもかんでも質問すればいい、というわけではありませんが、その場でクリアにしなければならない疑問は、その場で解決する。この姿勢は大切です。

SSHP第5期でインターン生を受入れて頂いているスタートアップ”Uncharted” “Divegraphy” “Trabble”の3社は、傾聴のレベルが極めて高い。みんな、凄くラッキーです。

*****

これまでに傾聴を意識したことが無かったひとは、是非試してください。上に書いたメリットに加えて、話し手の気持ちを汲むことにもなりますし、プレゼンの場の外でも、人が話しかけてくれるようになります。

IMG_4176

Unchatedのコミュニティ・マネージャーは、傾聴の姿勢を崩さない。