英文で履歴書・経験が足りない大学生はどう作る?:インターンシップブログ


??????2018-07-17

日本でインターンシップに申し込むと、履歴書と志望動機の提出が求められます。海外でも同じで、それぞれ”resume”と”cover letter”といいます。

アクティブな生活を送っている大学生はさておき、SSHPの研修生もresumeの作成に苦労します。とくに控えめな性格の人は、実は書けることが沢山あるのに遠慮してしまうようです。

せっかくの情報を余さず伝えるために、英文レジュメの作り方と、作る上での考え方を示したいと思います。カバーレターを添えることが前提なので、超基本な骨組として参考に慣れば幸いです。

(最終更新:2018/7/17)

英文履歴書のフォーマットはガチガチにきまっているわけではなく、相手によって盛り込む項目は変えたほうがいいのですが、基本になる例を作ってみました。

本ページ下部でWordファイルをダウンロードできます。

まずは、中身の前に、体裁について。

ファイル名を、わかりやすく。

例:20180706_Resume_YasunobuTakata

丁寧か雑は、ここから判断されます。

受取側に対して優しいファイル名は「日付」「内容」「名前」の三要素を含んでいます。
※ 要素の順序を入れ替えました(2018/3/19訂正)

通常メールで採用担当者にPDFファイルのレジュメを送るわけですが、受信者は、ファイルを受信箱からローカルフォルダに保存することになります。仕事では様々な添付ファイルが行き交うので、保存したファイルが「いつ誰がどんな目的で」作ったか、ひと目でわかるようにすると親切です。

これは、レジュメに限らず、仕事においても同様です。付け方はそれぞれですが、ひと目見て解るファイル名にすることが親切です。

それに、ファイル名に日付やタイトルタグがついていると、自分でも管理が楽になります。

逆に、雑な印象を与えると、すごくネガティブな印象を与えます。

誤字・脱字・文法を確認する

編集ソフトはMicrosoftのWordでもAppleのPagesでもかまいませんが、必ずスペルチェックしてください。機能としてのスペルチェッカーを走らせるのは当然のことですが

  • 社名の表記
  • 自分の大学名の英語表記
  • 大文字、小文字の区別

・・・などは検索にも引っかからない場合がありますので、必ず自分の目で確認してください。

ちなみに、Wordの設定によってはスペルミスの赤線が見えません。設定し直すようにして下さい。(Windowsだとこちら。Macならこちら。バージョンによって違うと思うので、ググってみてください。)

 

目に優しく

提出物は、相手にとって「見やすい」ものを作りましょう。これを無視されると、見る気が失せます。注意する点は:

  • ページ数は多くても2ページまで
  • 凝った装飾は避ける
  • 色は使わない(どうしても濃淡を付けたければ、黒と灰色で調節する)
  • 本文フォントサイズは11~12(印刷しても読みやすい)
  • フォント種類はTimes New RomanやArialなど見慣れたものを
  • 行間は開けすぎても詰めすぎても読みにくい
  • 書式・段落・箇条は端をそろえる
  • 時系列のものは、最新のものをトップにする

以上が基本ルールです。

では、履歴書について考えてみましょう。

相手に「これまでの自分」を知ってもらう

cover letter (志望動機)とresume(履歴書)は大抵ワンセットになっています。なぜ働きたいのかを記すのがcover letterで、resumeにはそれを裏付けるような「これまでの自分」の足跡です。

目的は、

たくさんいる候補者から、あなたという人間に興味を持ってもらうため

それを満たすものであれば書き、邪魔な要素は省きましょう。

それでは各項目を説明します。

①コンタクト先

氏名は大きく。住所、電話番号、メールアドレスに加えて、LinkedInのプロファイルページのリンクを張っておきましょう。

②自分の性質

ここは、日本語の履歴書と違うところですね。

学生の英語レジュメでは、トップ下のセクションで自分の特性(性格)を説明します。

箇条書きで、「独立心が強く、結果を重視する」など、形容詞を主として表現しましょう。それらを示す事例を書いてもいいですが、詳細なエピソードは以下の項目や、カバーレターで披露してください。

箇条書きではなく、「私は〇〇、△△な人間で・・・」といった具合に段落で書く方法もあります。慣れたらチャレンジしてみてください。

③学歴

最終学歴をトップにすること。日本語の履歴書とは逆です

在学期間から書きましょう。在学中であれば、卒業見込み年月も記入します。高校の記載は一応書いても良いのですが、それほど重要でないかもしれません。海外の会社が日本の高校について知りたがるとは思えません。世界的に有名なインターナショナルスクールや、英国の名門パブリックスクールに通っていた・・・というなら話は違うのかもしれませんが。

ちなみに、最新情報をトップに据えるのは学歴だけでなく、以下に続く項目全てに共通です。

④インターンシップ経験

あれば絶対に入れてください。やはり期間から初めて、具体的な会社名、ポジション(何を任されたのか)・結果(何を達成したか)を簡潔に記します。

インターンシップ経験が無くても心配しないでください。↓の項目でカバーできます。

⑤その他活動

サークルやボランティア活動をここに記入します。特に欧米ではボランティア経験が非常に重要視されます。

ゼミ活動は日本独特なので、「○○ゼミ所属」で終わるのではなくて、どんなゼミで何をテーマに勉強しているか、ゼミ内での自分の役割を書いてもいいですね。

⑥職歴

アルバイトです。サンプルをよく見て下さい。コンビニ店員と塾講師というありふれたバイトかもしれませんが、アピール要素として抽出できることは沢山あります。

例えば、店長と「品出しの作業って面倒ですよね〜」と雑談したことを、「オペレーションの非効率を指摘した」とか、塾で自分の生徒が1つ下のレベルのクラスに移ったなら「生徒の性質や進度を見極めつつ、最適なクラスをおすすめした」とか。嘘はいけなませんが、綺麗に見せることはできます。

⑦表彰

表彰されるようなことがあったなら、是非。部活で全国大会に出場のような項目もここに入りますが、仕事に繋がる能力に直結するようなモノが優先です。例えばビジコンで優勝したとか、スピコンで入賞したとか、ハッカソンで特別賞を頂いた、とか。

なければ、セクションごと削除します。

⑧特技

プログラミングやデザインなどは大きな強みですが、無くてもオフィスソフトを使いこなせることを明記します。

語学について、微妙に思うのが「英検2級」のような局地的な資格。これは通用しにくいです。であれば(基準はあいまいですが)Basic, Intermediate, Fluentなどの表記にしてください。TOEICも・・・うーん、英語圏の人には理解しにくいですが、840/990のように満点のスケールが分かるように表記するといいかもしれません。

⑧興味

おまけ的ですが、結構目を通されます。やはり仕事を想起させるような内容だと反応が良さそうです。

******

いかがでしたか?一見難しいようですが、目的とNGがハッキリしていれば、大学生でも基礎的なレジュメを作れます。海外の企業に興味があったら、いちど挑戦してみてください。

↑からサンプルをダウンロードできます。お役立てください。自己責任でお願い致します。

1/9/2018追記(重要)

50人ほどのレジュメを添削するなかで、大学生がミスしやすいポイントをまとめました。

以前、大学生向けのコンテンツとして、英文履歴書(レジュメ)と志望動機(カバーレター)の作り方について書きました。おかげさまで、たくさんの方にアクセスして頂いています。さて、SSHPを含め、これまでに数々のレジュメを拝見し、軽めの相談を受けてきました。...

7/18/2017追記

カバーレターについて書きました。合わせてどうぞ。

アルバイト経験がある人なら日本語で履歴書を書いたことがあるはずですが、外国企業から"Send us a resume and cover letter."と要請されると、経験の少ない大学生は途方にくれるようです。レジュメって履歴書のこと?カバーレター?英文レジュメについて...

 

***********
学生向け海外インターンシッププログラムSingapore Startup Hack Program (SSHP)
海外で成長したい挑戦者の応募を随時受け付けています。
最新情報はFacebookページで。
***********