Singapore Startup Hack Program 2 (SSHP2)


最新のプログラム(SSHP)は、こちらから!!!

関連情報はFacebookページからご確認ください。

シンガポールで自分の力をためす

SG250 シンガポールのスタートアップで「自分」という器を広げる。 仕事を通じて自分の現状を認識し、成長を目指す3週間。 自分の価値を向上させ、果敢に挑戦する学生のためのプログラムです。

 

SSHPの特色

  • 世界屈指のスタートアップ立国・シンガポールでインターンシップ
  • エグゼクティブに対する戦略的提案
  • 現地ですぐにミッションに取り組めるよう、事前研修を実施
  • 130社・200名以上の起業家を含むスタートアップ関係者にインタビューし、 各国のイノベーション状況を調査したPrepared Slides代表、高田がフルコミット

働く上で重要なスタンスを身につける

組織が必要とする人材になるための3つの思考を学ぶことができます。

  • 短い時間で多くをこなす効率マインド
  • 前提からアイデアをひねり出し、ぶつける企画マインド
  • 環境に言い訳することなく果敢にトライする挑戦マインド

シンガポールスタートアップ環境の中心地

舞台はシンガポール国立大学(NUS)や、シティ内に点在するスタートアップオフィス。 中でもNUS敷地内に存在する”Block 71″ “Block79″は、スタートアップの集積地。 2011年の発足以来、500社以上のスタートアップを受入れており、 2017年にその数は750を超えると言われています。 企業のみならず、同じビル内に、投資家、アクセラレータなど、各業界関係者が集結。 起業家同士の交流も活発です。

慣れない環境で・リアルな提案を

めまぐるしく変わる環境、突きつけられる難題。
こんな環境の中で皆さんにはインターンシップを経験して頂きます。
ミッションは、業務を通じて会社の理解を深めながら、 「スタートアップのCEOに対し戦略的提案」すること。
会社の特性と、日本市場の特異性を把握した上で、 どこまで実効性のある提案が出来るのか。 余すことなく挑戦して頂きます。
 

高い国際競争力・収益性を維持する国、シンガポール

世界中の起業家・ベンチャー企業・スタートアップ・投資家が集まる国、シンガポール。 人口500万人(内、約200万人は外国生まれ)という小さな国ですが、 多民族・多宗教(中華・マレー・インド系)の性質を持ち 公共メディア、文化一般に3系統の文化が共存しているという特徴がある国です。 急成長を果たしたシンガポールは、一人当たりのGDPは54,775ドル。 世界経済を語る上でも外せない存在になりました。 シンガポールには今、世界からこぞってベンチャー企業が進出し、 多くのスタートアップが生まれています。 それは、政府による圧倒的な規制緩和、公的機関&投資家による多額の投資に加え、 近隣のインド、中国、ASEANのマーケットの大きさにより、 ビジネスの可能性を広げる無限のポテンシャルを持っているためです。 現地の若手のCEOたちが何を考え、どう動いて、これから何をしたいのか、 彼らと共に考え、行動をする3週間、それが”Singapore Startup Hack Program”です。

プログラムスケジュール・内容

■スケジュール(変更の場合あり) ・事前研修1:7/26 (Sun) ・事前研修2:8/2 (Sun) ・事前研修3:8/9 (Sun) ・渡航:8/23まで ・インターンシップ:8/24 (Mon) ~ 9/11 (Fri) ・現地総括:9/12 (Sat) ・報告会(日本):未定 ■定員15名 ※応募多数の場合、選考があります。 ■プログラム内容

・課題の確認 ・事前研修(企業・市場分析、プレゼン) ・事前オリエンテーション ・渡航前に、スタートアップとオンラインミーティング ・インターンシップ(事業内容を更に理解) ・スタートアップへの提案 ・フィードバック ・総括

主催者プロフィール

高田泰伸(たかたやすのぶ) フランスの調査会社で経験を積んだ後に、Prepared Slides合同会社を立ち上げる。 官公庁や国内外通信事業者のオープンイノベーション部門に対し、 調査・アドバイザリーサービスを提供しつつ、クライアント企業内のプロジェクト立ち上げと運営にも携わる。 2014年4〜10月の間、アジア欧州5カ国を訪問し、200社以上のスタートアップ企業・アクセラレータ・ベンチャーキャピタルなどにインタビュー。各国のイノベーション状況を調査した。 カリフォルニア大学バークレー校卒業。

注目のスタートアップ企業でのインターンシップ(随時更新)

※受入企業は変更される場合があります。

 

1)テックシーンで特に注目を集めるシェアリングエコノミーの王道・”ProperHands”

◆企業情報 シンガポールは高所得層の増加により、家事のアウトソースへの需要が高まっています。一方で政府の外国人労働力に対する規制により、ハウスキーパーが不足している現実があります。ProperHandsはテクノロジーの力で家政婦サービスの品質と利便性を改善します。清掃サービスの利用者は簡単に清掃業者を探し、予約することが出来ます。 ◆インターンへのミッション UberやAirbnbなどの成功によりシェアリングエコノミーが世界的に流行しています。それを踏まえて: ・日本での家事に関連するシェアリングエコノミーサービスのマッピング ・このようなサービスが日本でどれほど受け入れられているのか ・roperHandsのようなサービスを日本で展開するための作戦と手法 ◆高田のひとこと シェアリングエコノミーは今のスタートアップシーンで最も注目を集めている分野の一つで、今後しばらくは多くの分野で試行錯誤が繰り返されると思われます。既存市場のミスマッチ(不当な価格、低品質なサービス、従業員の不満など)を探して、ボトルネックを破ることで価値を生み出す分野です。シンガポールと日本という特異なマーケットの類似点と差異を理解して、市場展開の戦略をたてるという、貴重な経験が出来ます。

2)エネルギー関連データの分析と可視化の分野で急成長している”Intraix”

◆企業情報 Intraixはエネルギー関連データの分析と可視化の分野で急成長している企業です。メーターやセンサーから集められるローデータは膨大ですが、既存のシステムにはデータから真の価値あるデータを生み出しているとはいえません。Intraixはセンサー、管理、測定インフラのシステム開発に取り組んでおり、世帯主のエネルギーコスト管理のお手伝いをしています。 ◆インターンへのミッション 2012年以降、日本ではスマートホームやエネルギー効率の良い家屋の台頭によりHEMS(Home Energy Management Solution=ホームエネルギー管理ソリューション)が急速に伸びています。一例としては、エコネットコンソーシアムの設立により、政府の取り組みに加えて民間でもHEMS促進のために家庭内技術をプッシュする動きがあります。これを踏まえて: ・日本のHEMS市場の概要 ・IntraxがHEMS技術プロバイダーとして日本市場に進出するための戦略 ・潜在的な提携先とライバル ◆高田のひとこと HEMSは10年以上話題になっていますが、ここ最近では導入が急速に進んでいるホットな分野。日本は大手メーカー、住宅、インフラ系の企業が推進している分野です。十分な規模を持つ分野でスタートアップが持つ強みを理解し、戦略を立てることで、SWOT分析と参入検討の分析力を伸ばすことができそうですね。

3)地図をで旅行者とローカルを繋げる”Stealth Mode”

◆企業情報 同社はウェブサービスのあらゆる面でユーザの参加を標榜する製作会社。フラッグシップアプリのMappinは単なる地図ではなく、地図ベースで利用者の情報共有を可能にするソーシャルマップアプリ。食事・ファッション・写真・旅行・ペットなど、地図を介して興味ベースで旅行者とローカル人をつなぐアプリです。 ◆インターンへのミッション 日本からの旅行者と駐在員にはいずれも言葉の壁があると考えています。これら2グループに関して: ・どのような情報を欲していて、どこで情報を仕入れているのか。 ・需給に隔たりがある情報と、いかに弊社アプリでそのギャップを埋められるか。 最終的にはこれらコミュニティに向けたアプリか、チャネルがリリースできれば理想的。 ◆高田のひとこと モバイル地図はGoogle MapsかiPhoneのマップアプリで十分と考えがちですが、いろいろな可能性を秘めていると思います。僕もシンガポールではGoogle Mapsに加えてバスアプリ、電車アプリを別個利用しています。地図を介したクラウドソーシングって、ワクワクしますね。 会社としてもStealth Modeは資金調達を完了し、アプリの正式公開を6月に控えたノッているスタートアップです。また、会社がインターンに求めるものも明確で、明らかに形になる。チャレンジし甲斐があるスタートアップと言えます。

4)テクノロジーで自閉症患者を癒やす”T.Ware”

◆企業情報 T.Wareは触覚技術をウェアラブル製品を通じ皆様にお届けする会社。私達は、革新的で、エレガントで、便利で、ユーザーフレンドリーな技術製品をデザインし、市場に送り出すことで、触れることで伝わる人間のコミュニケーションと安らぎを拡散したいと考えています。 ◆インターンへのミッション 主力製品であるT.JacketをSWOT調査 ・日本向けFacebookページの調査→改善と拡散 ・日本の自閉症コミュニティに訴求するためのマーケティングプラン ◆高田のひとこと ここ数年多くのウエアラブル端末が市場に登場しましたが、世界的に爆発的な人気を収めた製品はありません。特別必要ではないものの需要喚起や、ファッション性を突く難しさ表しているのかもしれません。 T.Wareはウェアラブルの中でも特定のセグメント(例:自閉症の方)に対して、特定の用途(例:触れる感覚で癒やしを与える)を満たすなど、とてもフォーカスしている企業です。技術を持ち、一点集中で長く社会にびこる問題に切り込む姿勢はスタートアップの原点とも言えます。T.Jacketを自ら試し、利点と欠点を洗い出し、戦略を立てる今回のプログラムは、ゼロベースからのプランニングができる貴重な機会です。

5)ヘルスケア分野にデータサイエンスを取り入れる”Healint”

◆企業情報 Healintは患者にアナリティクスインテリジェンスを提供するテックスタートアップです。モバイルセンサーや外部データ、患者によるインプットを統合して、病気や症状の原因究明や、治療方法について日々データを蓄積しています。 ◆インターンへのミッション

以下のような課題のディレクションをとって頂きます。
  • 患者のセグメンテーション – 既存ユーザを症状と行動に基づきセグメント分け、プロファイリング。
  • 日本のユーザ数とアクティブ利用率の向上 – 潜在ユーザ(患者)を想定し、獲得するための戦略と、利用率を向上させるためのツールを検討、テスト。
  • コンテンツ – イメージ、インフォグラフィック、ソーシャル、ウェブサイトなど、日本人ユーザに向けたコンテンツの策定と、効果測定。

◆高田のひとこと Healintが開発したMigraine Buddyは偏頭痛患者が症状や時間、睡眠などを記録。データを解析することで原因究明や治療法の開発を目指すアプリで、アメリカを中心に世界中からデータを収集しています。データサイエンティストが集うHealintは医療系スタートアップの先鋒と言えます。ミッションも明確で、リードをとって行動し、アウトプットと検証までを求められるのでハードルは高いですが、実地の経験としてこの上ないものになるでしょう。 グリーベンチャーズから出資を受けており、日本でも注目されるスタートアップです。

 

◆応募の流れ

●興味がある方 ご応募頂きました方には、主催者よりSkype・LINE等のオンラインにて説明をさせて頂きます。 下記【エントリーはこちら →】よりお気軽にエントリーください。 ※興味がある方は下記よりエントリーください。

entry
 
 
お問い合わせ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ Singapore Startup Hack Program 2nd batch(SSHP2)お問い合わせ 「Prepared Slides 合同会社(プリペアード・スライド)」 ・メールお問い合わせ >>info@prepared–slides.com ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□