SSHP研修生が現場で感じた「納品意識の大切さ」:インターンシップブログ

SSHP第6期も変わらずハードです。研修生は文字通り睡眠を削って(よくないのですが)頑張っています。 今期は忙しいさなかの研修生全員に、自由テーマでブログの執筆を依頼しています。 得意そうな人がいれば、そうでない人もいますが、楽しみにしています。 第一弾は、青木智哉さん。耳にタコができるほど繰り返している「納期」と「納品」について書いてくれました。 **********

世界を舞台に働く日本人の「本質をとらえた話法」:インターンシップブログ

SSHP第6期も佳境にはいりました。連日遅くまでこなす仕事とレビューで、皆さん少しお疲れモードです。 そんなか、新卒で富士ゼロックスに入社し、1年目からシンガポールオフィスで働く寺嶋さんにお時間をいただきました。 寺嶋さんには1年半前、第4期のメンバーにもお会いしていただいています。 今回も、学生たちの質問に正面から答えて頂きました。 ※注:発言内容は、面会時点における個人の見解です。

想定外の対応に、人間力が出る:インターンシップブログ

SSHP第6期が始まって1週間がすぎました。4名・2チームとコンパクトですが、姿勢と充実は変わりません。 1週間を振り返って、各々課題に感じている点を挙げて頂きました。色々ありますが、要約すると「思い通りにいかない」と。 研修生当人たちには苦しみですが、すごくいい機会です。ここでグッと踏ん張ることで、今後見える景色がずいぶん変わります。 共有して頂いた悩みのたねと、それぞれに対するアドバイスをま つづきを読む →

「圧迫面接」と「歓談面接」の、意外な共通点:インターンシップブログ

1月。短期のインターンシップ(という名目の説明会)をはじめる企業が続々と。これを期に就活に本腰を入れる3年生も多いと思います。 就職試験と大学受験の大きな違いは、面接が必須であることです。何度も受けるうちに慣れますが、たまに「圧迫面接」という嫌な言葉を耳にします。 そうかと思えば「楽しく雑談していました」という声も。 ただですね、真逆にみえる2つですが、実は大きな共通点があります。 そこに気づけば つづきを読む →

SSHP研修生に伝えたいこと:インターンシップブログ

あけましておめでとうございます。 SSHPはオンライン課題の只中です。 自分の気持ちを引き締めるために、僕が何をおもってSSHPを運営しているのか、まとめてみます。 第6期研修生と、これまでの修了生に向けて。